タイのバンコクで日本語ガイド・ツアーコンダクターをしていますクンさんのホームページです

くンさんのホームページ

お問い合わせ
アーサーラハ・ブーチャーとカオ・パン・サーの仏教の連休 その一

 アーサーラハ・ブーチャー(三宝節/7月29日)の休みは、タイ陰暦8月の満月の日、釈迦が覚りを開き5人の弟子に法を説いた仏・法・僧の三宝の成立を祝う日です。翌7月30日はカオ・パン・サー(入安居)。この日から雨期明けまで、僧侶は修行に専念し外出を控える期間で、修行する人の一番多い時期でもあります。

 今回の連休はどこに行こうかなぁ?とクンが考えていた時、突然幼稚園の時の同級生から電話がありました。彼女は、「ろうそく祭りに来ない?」と言うのです。これだ!と思ったクンは、「すぐに行く!」と返事をしました。が…ウボンラチャタニー県のろうそく祭りは、タイでは非常に有名な祭りのため、はたして今から飛行機が取れるのか?と早速、調べたのですがやはり!全くありません。次なる手段は列車です。がしかし列車もすでにいっぱい!ただ冷房なしの3等車があったのですが・・・。タイ人であるクンでもこれは、「マイ・アオ(要らない)」です。暑いのはヤダ!!もう少し探してみると、ろうそく祭りは7月30日、その3日前の27日の早朝5:45発の2等車(551バーツ)の席が空いていました。「これしかない!」間髪入れず決定です。

 出発の朝は4時半起きです。前日お客さんと飲みすぎで、まだ酒臭いままプアランポーン駅に向かいました。早朝のバンコクは渋滞もなくすんなり駅に到着。ウボン行きの列車は見た目と違い、中はゴミも臭いもなくトイレも清潔!座席も飛行機と同じようにヘッドカバーが付いているのに驚きながら席に着きました。すぐにキンキンキンと発車を知らせる鐘がなり、5:45分ぴったりの出発です。珍しい!タイでは時間通りに出発するのがまれなので、驚きの出発でした。これから約9時間の長旅、クンの隣の席はまだ空いたままです。隣に座る人はどんな人かなぁ?これはこれでとても楽しみです。列車は次から次へと駅に停車するのですが、なかなかお隣さんは乗ってきません。そのうち、お向かいの席の人が、クンの隣の席は友達の席だったが、今回は、具合が悪くなり急に行けなくなったので、その席には誰も来ませんと教えてくれました。ガォ・テー・サバーイ・サバーイ(寂しいけど楽ちん)の旅となりました。

 少し眠くなった頃、朝食を配るサービス係が回って来ました。お楽しみの朝食はピザとロールケーキ、そして飲み物はコーヒー、お茶、ジュースから選べます。列車の窓から流れる景色や牛たちをのんびりと眺めながらいただく朝食はとても贅沢な気分です。お腹が落ち着くといつの間にか眠ってしまったようです。ウトウトしながら時より起きて、どこまで来たのか?!山の中の景色に驚いたり、本を読んでみたり、ゲームをしたり、仕事してみたり…そしてまた眠ったりして時間を潰していると、10:00にコラート到着。そのうち今度は昼食?!と思われるサービス係が回って来ました。配られたお弁当にはご飯、鶏肉の辛炒め、ミニ薩摩揚げ、デザートにランブータンまで入ってました。それにしても551バーツの料金とは、思えない素晴らしいサービスです。しかもご飯が香り米ですごく美味しい!時間さえあれば安くて美味しい!言うことなしのお勧めの列車の旅です。

  

 14:20定刻に無事ウボンに到着しました。クンが初めて訪れる土地です。しかし迎えに来ているはずの友達が来ていない?!どうやら仕事がまだ終わっていないらしいのです。しかたなく一人でソン・テオ(バス)に乗って街まで行くことにしました。ウボンの人達はイサーン語をしゃべるのですが、同じタイ人でも何を話しているのか、さっぱりわかりません。なんとか街にたどり着き、久しぶりに友達と再会できました。ヨカッタ!それにしても思ったよりもウボンの街は大きい。お寺も多く田舎ですが貧しい街ではないとすぐに感じました。

 

 まずはお腹が空いたのでウボンの料理を味わうことにします。ベトナムの麺、クワイ・チャップ・ユアン(伸びる麺)これは美味しい!ウボンの人達は毎日食べているベトナム料理だと言います。ここはベトナム人が多く住んでいるので、ベトナム料理のお店が多いらしいです。ちなみにクワイ・チャップ・ユアンのユアンとはベトナムのこと。ウボンでは、ベトナム人をコン・ユアンと呼んでいます。街を歩いていると、ウボンの人(イサーン人)とベトナム人(ユアン人)との違いがはっきり分かります。ベトナム人は肌が白く、鼻が高くてきれいな人が多いです。

 お腹もいっぱいになったので、ウボンの夜の街へと遊びに出かけてみました。でもここは田舎だから、お店も少なく、パブ、レストランと小さいディスコくらいしかなく寂しい夜の街でした。しかたなく旅の初日は、大人しく寝ることに… つづく。

 | トップページ | ショッピング | 観光 | グルメ | あそぶ | 視察ツアー | ビジネス | 
 | タイ料理教室 | クンさんの面白ブログ | コーディネート実績 | クンさんのタイ国見聞録 |
Copyright © 2014 Kung-san All rights reserved.