タイのバンコクで日本語ガイド・ツアーコンダクターをしていますクンさんのホームページです

くンさんのホームページ

お問い合わせ
ウボンの旅、おまけの「ラオス」其の四

  

 遊び疲れたウボンの旅だったが、実は途中で、友達がウボンからラオスは、そんなに遠くないから行く?と誘われラオスに行って来ました。

 ウボンからラオスの国境まで約87キロメートル。ピ・ブーン・マング・サー・ハー通りから、チォング・メックまで約1時間半。タイからラオスに行くには、ムック・ダー・ハンー県、ノング・カーイ県、そしてウボン県からの3ルートです。ムック・ダー・ハンー県、ノング・カーイ県からは、コーン川で遮断されている為、橋を渡ることになります。でもチォング・メックからは陸続きの為、歩いて入れるのです。入国に必要な物は、タイ人の場合、身分証明証コピー2枚と30バーツ。外国人の場合は、パスポートと30ドルです。これで1日(8:00~18:00)ラオスにいられます。

 国境周辺のタイ側には何もなく寂しい市場があるだけです。いよいよラオス。書類を渡し、お金を払い、そしてラオスに入国!すぐに免税店が数件あり、お酒、タバコ、香水、お菓子など売っている。タイバーツが使えタイ語も問題ない程度に分かります。少し歩くと市場があり、ここでは何?何?高いブランド物がたくさん?そんなはずはない?ただよく似ているだけだ!市場での楽しみ値段交渉をしてみる。タオ・ライ? (いくら?)。800バーツ。ロット・ダイ・マイ(安くして)200バーツ。ロット・イック(もっと安くして)。100バーツ。ん~悩みながらお店から出ようとする、するとお店の兄さんが大きい声で、80バーツ・アオ・マイi?(80バーツ要る?)友達が思わず買ってしまいました。80バーツになってしまった!品質は大丈夫だろうか?突然友達が叫んだ!Nokia N95がある !すごく嬉しそう~!バンコクにはまだない機種らしい。よく見るとNokiaのマークじゃない!お店のお姉さんが3,500バーツです。いろいろ説明してくれるNokiaだったら2万バーツ近いよ!友達が相談するので、マーク違うと危ないよ!爆発するかもしれないよ!よく分からない携帯を買って使っていたらバッテリーが爆発したという事件はよくあるのです。友達はヒヤ~やめる~!それに問題はまだある。ラオスで買った携帯はタイに持って入れないのです。見つかると即没収です。さらにお店は続き、シルク、綿、絨毯、いろいろ売っている。

 奥まで歩くと、キン・ビア・マイ?(ビール飲む?)ラオスのお姉さんが声をかけて来た。ここは何?KARAOKEで~す。ローン・マーク(とてもあつい)。疲れた。では休憩!!お姉さん達のニコニコに誘われてしまった。お店のカーテンを開け(ドアがない)まず頭だけ入れて店内チェクです。ここKARAOKE??ソファーが2セットあるだけ。ボロボロで汚い。ボッタクリされないよう値段を聞く。ラオスビール1本60バーツです。入場料は?なしです。ではOK~。友達3人でビール2本を注文。KARAOKEやる?と聞かれ、テレビどこ?と聞くと違う所に置いてあるからやるなら持って来ますと言う。どんな歌があるの?と聞くとラオスの歌とイサーンの演歌だという・・・。じゃ話しましょう。面白いカラオケでしょ~。お姉さんは5,6人程度。給料はなくチップのみ。1日40~100バーツになるそうです。貧しいらしく兄弟11人いるのに1人で働いているとのこと。でも本当かどうか?それでもナー・ソン・サン(可哀相)。しばらく話して、チェック・ビン・ドゥアイ・ナ(お会計)。ビール2本で120バーツです。氷は無料でした。2人のお姉さんに座ってもらったので、100バーツづつチップをあげたら、100バーツ!(1時間程度で)と大喜び!ここの100バーツの価値の大きさを知ったと同時にバンコクにいると忘れそうな100バーツの大切さを改めて考えさせられたのでした。

 さてタイに戻る時間となり、友達が買った物を見ると、絨毯、植木数本など重い物ばかりです。これでは持って歩けないとリヤカーを頼む。タイ入口まで20バーツです。本当は物だけしか乗せてはくれませんが、歩きたくないクンは一緒に乗ってしまった。乗せてもらったので60バーツ払うとまたまたすごい大喜び!旅のおまけの短いラオスでしたが、次回はもっとゆっくり遊びに行きたいです!1番面白かったのはやはり!カラオケかな。

 | トップページ | ショッピング | 観光 | グルメ | あそぶ | 視察ツアー | ビジネス | 
 | タイ料理教室 | クンさんの面白ブログ | コーディネート実績 | クンさんのタイ国見聞録 |
Copyright © 2014 Kung-san All rights reserved.